遠くから見た滋賀の花火

「ふるまい滋賀」

暑さの中で、滋賀上の見知らぬ人を考えるために、通行人に重要な水を処理するため。

「花火大会

遠くから見た無音の花火。

滋賀名物『赤こんにゃく』

「誤解しないで」

終わることができないのは空の空です。

あなたの心が映っているようです。
ご清聴ありがとうございました。

ちなみに東京の神代寺を訪れたとき、岩の中に長寿観音が祀られていました。

その滋賀には奥野細堂の松尾明の碑がありました。

“私は象がいます
雨と西の花

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です