不安が滋賀で多かったのです

滋賀、タカキは仕事を辞めた
私はしおりの住む街に引っ越すことにしました。

滋賀に不安が多かったのですが、しおりを持ってこの人生を歩み続​​けたいと誓ったのです。

二人一緒に暮らす
滋賀でのっぺいうどんを食べるなら・・・

以前に一度だけ会うことができた2人の人々が突然一緒に暮らしていたので、それは困難でした。

光の仕事が決まって軌道に乗ろうとしたとき、しおりは珍しい気持ちになりました。

彼らはストーカーのしるしを感じていると言っています。

それはエスカレートすることではありませんでした、滋賀、私が2人の人と出かけたとき、私は私が高木と視線を感じることができるのを知っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です