ますます2人は近づいている滋賀

笑いながら、私は彼らのますます息をのむような滋賀に感銘を受けながら笑っていました。
それから

一部の滋賀は笑いました…

とはいえ、2人は近づいています…

滋賀で150年の歴史を持つ『茶しん』

 

Wが来ました

2人のかわいい5歳の子供が、何らかの理由で私を標的にし、チョコチョを作るために側に来ました。

みんな笑っていた…

そう考えながら幸せでした。

その後、同じ鈍さが約4回続きましたが、滋賀的には全員が私をくすぐるようになり、私はみんなの前にいる人に、私はそんなにくすぐられてはいけないという悲しい声でさらされました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です