後悔を何度も繰り返す滋賀

「そうでした」
滋賀
負けられない正義の英雄
あなたを攻撃する
すべての苦しみ
まだ滋賀したかった
変えたかった、街を飛び出した、走りたかっただけな、少年だった
間違いや後悔を何度も繰り返しますが、どれだけ強く泣くことができますか?
風のように、掴んで負けながら時が流れる
私はいつも「本当の私」を探してきました
「本当」が何であるかを知らずに
これ以上ない
期待しすぎ
私はいつも自分に裏切られてそれを受け入れませんでした
負けたくなかったただの少年だった
暮らしの美しさとはかないことを知る
この痛みは明日の歌になる
滋賀の終わりに空を越えて見たかった知りたかった世界があった
疑いを信じながら走る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です