滋賀では何度も間違えたり後悔したりします

滋賀が聞くために作った名前のない歌
心の中で少年のように歌えるなら
また会えるかな
何度も間違えたり後悔したりしますが、体力があったらどれだけ泣くのですか?時代は風のように進み、生命の美しさとはかないものを失いながら握りながら走る歌う
滋賀の歌
少年作詞
福山雅治
少年時代の彼自身のための福山のための歌
長崎が青春時代に聞いてほしい。
引用」
何回夢を見ても、夢を叶えられなかったからといって夢をあきらめなかった

空腹の強い福山雅治の名言

滋賀は影をできる限り何度も働き、ソロアーティストセールスでナンバー1の地位を確立しました。

しかし、オリコンチャートで1位になるたびに、私は有頂天で心配です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です