滋賀で許可されている行為

滋賀の新風邪に対する日本政府や政権の対応は、他国と大きく違うと思いますが、法律で明確に禁止されている行為と海外で許可されている行為とは明確に区別されています。一方、日本では、曖昧な「要望」や「禁酒法の禁止」などの「要望」が多すぎます。

明らかに滋賀されている行為であれば、違反した者は罰せられ、強制措置を講じることができ、禁止されていない行為は公然と行うことができますが、「自粛日本」および「そのような措置の場合「要請」としては、従わなくても罰せられるのではなく、ネットにぶつかったり、「自粛日本」のような人にひどい目に遭ったりするなど、社会的制裁を受ける状況が多いです。 。

結局のところ、このような「リンチ」が横行しているのは、政府や行政が善と悪の区別を明確にせず、国民の自主的な判断に任せているからだと思います。 ..

「自制心の滋賀」には、「禁止されていないが、従わなければ不利な点はわからない」という暗黙のプレッシャーがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です